東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

新RA制度

大学院新RA制度とは

「大学院新RA制度」は、博士課程研究遂行協力制度と同様、学生自身の研究プロジェクト遂行に対し支援を行うものです。言語情報科学専攻では、新RA制度による学生一人あたりの支援額(雇用による給与の総額)も博士課程研究遂行支援制度に準じる形で運用しています(月5万×6ヶ月=30万円)。

現在休学している学生でも、10月1日までに復学予定であれば新RA制度に応募できます。

博士課程研究遂行協力制度への採択が決定している学生は、同じ年度の大学院新RA制度への応募はできません。

また、博士課程研究遂行協力制度の応募者のうち、不採択者は自動的に新RA制度の選考対象になります。この結果、新RA制度委嘱者として採用することになった場合は本人の意志を確認した上で委嘱します。博士課程研究遂行協力制度のほうに応募すれば、それ以上の手続きは不要です。両方に同時に採択されることはありません。

なお、新RA制度による経済支援も専攻における支援歴にカウントされます。また新RA制度委嘱者には年度末に所定の様式で成果報告書を提出していただきます。これらの点も博士課程研究遂行協力制度と同様です。

2016年度応募要領

博士課程研究遂行協力制度の応募書類と同じもの(「計画書(様式1)」「専攻指定追加資料」)を以下のサイトからダウンロードし、それぞれ余白に「新RA制度応募」と朱書きしたうえで、7月29日(金)までに「専攻事務室」に提出してください(大学院係ではありません)。専攻指定の追加資料は以下の関連情報の中の「応募時の専攻指定の追加資料」からダウンロードして下さい。

関連情報