東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

寺澤 盾 / Terasawa Jun (教授)

専門分野

英語史、中世英語英文学。目下の関心は、意味変化の問題および英語の史的変化の背後にある語用論的要因(ポライトネスなど)である。また、20世紀以降の英語におこっている語彙・文法的変化についても今後考察していきたい。ほかには、古英語期(700年頃—1100年頃)の詩の韻律、文体、本文批評などの問題にも携わっている。

業績

著書

  • Nominal Compounds in Old English: A Metrical Approach (Rosenkilde and Bagger, 1994)
  • 『英語の意味』(共著、大修館書店、1996年)
  • 『英語の歴史—過去から未来への物語』(中央公論新社、2008年)
  • Old English Metre: An Introduction (University of Toronto Press, 2011)
  • 『英語の軌跡をたどる旅—The Adventure of Englishを読む—』(共著、放送大学教育振興会、 2013年)
  • 『聖書でたどる英語の歴史』(大修館書店、2013年)

論文

  • “The Scarcity of Formations in -ere in Old English Poetry” (Anglia, 119, 2001)
  • “Old English Exodus 118a: The Use of Wolf Imagery” (Notes and Queries 248, 2003)
  • “Jespersen’s Negative Cycle Revisited: A Sociolinguistic Study” (English Language and Linguistics 18, 2004)
  • “Negative Constructions in Old English: The Question of Cynewulf’s Authorship” (Aspects of English Negation, 2005)
  • “Is Beowulf a Spy? A Note on Beowulf 253a” (Text, Language and Interpretation, 2007)
  • “The Weak Man in Old English Poetry” (Journal of English and Germanic Philology 109, 2010)
  • 「英語法助動詞の意味変化とポライトネス」(『英語研究の次世代に向けて』、2010年)

翻訳

--------------------

国際シンポジウム

  • “Old English here-toga and its Germanic Equivalents” (26th International Congress on Medieval Studies, Western Michigan University, Kalamazoo, 9 May 1991)
  • “Agent-Noun Formation in Old English” (International Medieval Congress, University of Leeds, 14 July 1997)
  • “Old English Exodus 118a” (International Medieval Congress, University of Leeds, 9 July 2002)
  • “A Sociohistorical Study of Periphrastic Comparison in English: Foreign Influence, Text Type and Individual Style”(日本英語学会第20回大会特別ワークショップ、青山学院大学、2002年11月17日)
  • “Jespersen's Negative Cycle Revisited: A Sociolinguistic Study” (2004 International Conference on English Linguistics: In Commemoration of Otto Jespersen's Scholarship, Korea University, 19 June 2004)
  • “Secg betsta and ðegn betstan: A Reconsideration of Short Verses in Beowulf” (49th International Congress on Medieval Studies, Western Michigan University, Kalamazoo, 10 May 2014 スカイプによる発表 )

その他の業績

  • 「古英詩の写本とテクスト」(『シリーズ言語態3、書物の言語態』、2001年)
  • 「英語受動文—通時的視点から」(『シリーズ言語科学2、認知言語学I』、2002年)
  • “A Sociohistorical Study of Periphrastic Comparison in English: Foreign Influence, Text Type and Individual Style” (Current Issues in English Linguistics, 2003)
  • “Some Notes on A Thesaurus of Old English: With Special Reference to Words Denoting ‘Drink’ and ‘Food’” (Recent Trends in Medieval English Language and Literature, Vol. 1, 2005)
  • “Agent-Nouns in -end: The Use of Alternative Plurals as Metrical Variants in Old English Poetry” (Language and Beyond, 2007)
  • 「中世の英詩を読む—定型性と創造性」(『言語と文学』、2009年)
  • 「Beowulfにおける3音節以下半行について」(『「ベーオウルフ」とその周辺』、2009年)

受賞

  • 日本英文学会新人賞佳作(1984)
  • 日本中世英語英文学会奨励賞(2009)