東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

田尻 芳樹 / Tajiri Yoshiki (教授)

専門分野

イギリス文学研究(特に20世紀前半のモダニズム期の小説、サミュエル・ベケットの演劇・小説とその周辺、批評理論)。最近の研究の中心は、モダニズム期におけるテクノロジーと身体、感覚の関係。そのほか、ポスト構造主義の歴史的位置づけや南アフリカの作家J・M・クッツェーの作品にも関心がある。

業績

著書

  • 『ベケット大全』(共編著、白水社、1999)
  • 『J・M・クッツェーの世界 ―― <フィクション>と<共同体>』(編著、英宝社、2006)
  • Samuel Beckett and the Prosthetic Body: The Organs and Senses in Modernism (Palgrave Macmillan, 2007)
  • 『英米小説の読み方・楽しみ方』(第2章「モダニズムと植民地主義 ―― コンラッド『闇の奥』」、第3章「モダニズムと人間の機械化 ―― ウィンダム・ルイス『チルダマス』」を分担執筆、林文代編、岩波書店、2009)
  • 『ベケットとその仲間たち――クッツェーから埴谷雄高まで』(論創社、2009)
  • Samuel Beckett and Pain(共編著、Rodopi, 2012)

論文

  • 「ウィンダム・ルイス『ター』における分身と反復」、遠藤不比人ほか編『転回するモダン』、研究社、2008
  • (with Mariko Hori Tanaka) “The Reception of Samuel Beckett in Japan”, The International Reception of Samuel Beckett, ed. Mark Nixon and Matthew Feldman, (London: Continuum, 2009).
  • 「三島由紀夫と『現実の転位』――短編「スタア」を中心に」、『国文学 解釈と鑑賞』2011年4月号(2011年3月)
  • ‘Beckett, Coetzee and Animals’. Samuel Beckett and Animals. Ed. Mary Bryden. Cambridge: Cambridge University Press, 2013.
  • 'Wyndham Lewis's Pseudocouple: The Childermass as a Precursor of Waiting for Godot'. Samuel Beckett: Debts and Legacies: New Critical Essays. Ed. Peter Fifield and David Addyman. London: Bloomsbury, 2013.
  • 「『ドリアン・グレイの画像』におけるニヒリズム」、海老根宏、高橋和久編『一九世紀「英国」小説の展開』、松柏社、二〇一四年六月。

翻訳

  • ベケット『並には勝る女たちの夢』(白水社、1995)
  • ジェイムズ・ノウルソン『ベケット伝』(共訳、白水社、2003)
  • ガヤトリ・スピヴァク『デリダ論』(平凡社ライブラリー、2005)
  • カズオ・イシグロ「ある家族の夕餉」、ヒューゴー・ハミルトン「ホームシック産業」(阿部公彦編『しみじみ読むイギリス・アイルランド文学』、松柏社、2007)所収
  • ジェイムズ・ノウルソン、エリザベス・ノウルソン編『サミュエル・ベケット証言録』(共訳、白水社、2008)
  • ロバート・イーグルストン『ホロコーストとポストモダン――歴史・文学・哲学はどう応答したか』(共訳、みすず書房、2013)

国際シンポジウム

  • ‘Beckett's Lagacy in the Work of J. M. Coetzee’. International Conference “Borderless Beckett”, Waseda University, Tokyo, 29 September - 1 October 2006. (30 September)
  • ‘Beckett, Coetzee and Animals’. Beckett-Living Materials (International Conference on 25 & 26 September 2009), University of Reading (UK). (25 September).
  • ‘Beckett and Wyndham Lewis: The “Pseudocouple” in Modernism’, (25 June) Samuel Beckett: Out of the Archive, 23-26 June 2011, University of York (UK).
  • ‘Rethinking the Pseudocouple – Comedy, Mechanization and Nihilism’. Beckett International Foundation Research Seminar at the University of Reading on 28th April 2012.
  • ‘The Pseudocouple and Sexuality -- Rereading Mercier and Camier'. Samuel Beckett: Debts and Legacies Seminar Series. University of Oxford. 30 April 2014.
  • ‘Trauma and Ordinary Objects in Virginia Woolf and Samuel Beckett’. BAMS (British Association for Modernist Studies) International Conference: Modernism Now! 26-28 June 2014. (27 June). Institute of English Studies, Senate House, London.
  • ‘“The Quest for ‘Other Modes of Being” : J.M.Coetzee’s Ontological Inquiries’. Traverses: J. M. Coetzee. 11-13 November 2014 (11 November). The University of South Australia, Adelaide.

その他の業績

--------------------

受賞

--------------------