東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

大堀 壽夫 / Ohori Toshio (教授)

ウェブサイト

専門分野

言語学(意味論、機能的類型論)。主に接続構造(clause linkage)について、意味的側面を考慮しつつその類型や文法化の過程を調べている。

業績

著書

  • The Locus of Meaning: Papers in Honor of Yoshihiko Ikegami (共編、くろしお出版、1997)
  • Studies in Japanese Grammaticalization: Cognitive and Discourse Perspectives (編、くろし出版、1998)
  • 『認知言語学』(東京大学出版会、2002)
  • 『認知言語学 II:カテゴリー化』(編、東京大学出版会、2002)
  • 『認知コミュニケーション論』(編、大修館書店、2004)

論文

  • "Case markers and clause linkage: toward a semantic typology"(E. Casad(ed.)Cognitive Linguistics in the Redwoods, Mouton de Gruyter, 1995)
  • "Framing effect in Japanese non-final clauses" (Berkeley Linguistic Society 23, 2000)
  • 「言語的知識としての構文—複文の類型論に向けて」(坂原茂編『認知言語学の発展』、ひつじ書房、2000)
  • "Clause integration as grammaticalization: a case from Japanese TOKORO-complements" (K. Horie and S. Sato (eds.)Cognitive-Functional Linguistics in an East Asian Context, Kuroshio, 2001)
  • 「構文理論—その背景と広がり」(『英語青年』12月号、研究社、2001)
  • "Coordination in mentalese" (M. Haspelmath (ed.) Coordinating Constructions, John Benjamins, 2004)
  • 「日本語の文法化研究にあたって:概観と理論的課題」(『日本語の研究』 1-3、2005)

翻訳

  • T.シービオク『自然と文化の記号論』(共訳, 勁草書房、1985)
  • T.シービオク『動物の記号論』(共訳,勁草書房、1989)
  • G.レイコフ & M.ターナー『詩と認知』(紀伊国屋書店、1994)
  • M.トマセロ『心とことばの起源を探る』(共訳,勁草書房、近刊)

国際シンポジウム

  • "Some inplications of event framing typology: with particular reference to the realization of goal-orientedness" (Ost-West Kolloquium zur Sprachwissenschaft,Berlin, 2000)
  • "Construction Grammar as a conceptual framework for linguistic typology: a case frome reference tracking" (First International Conference on Construction Grammar, Berkeley, 2001)
  • "More on the implications of framing typology: a view from East Asia" International Cognitive Linguistics Conference, Santa Barbara, 2001)
  • "On the typological implications of Japanese clause linkage" (招待講演, The Winter Typology School, Moscow, 2002)
  • "What linguistic diversity tells about the human mind: universal semantics from the bottom up" (招待講演, Symposium on Diversity and Universals in Language, Stanford, 2004)

その他の業績

  • 「FrameNet訪問記」(『英語コーパス学会ニューズレター』No. 21、1998)
  • 「談話コーパスデザインについての報告書」(共著、『外国語としての日本語辞書および教材作成の研究』平成9-11年度科学研究費補助金研究成果報告書、2001)
  • 『認知科学事典』(認知言語学関係の項目執筆)(共立出版、2002)
  • 『英語学文献解題 第7巻:意味論』(認知言語学関係の項目執筆)(研究社、2005)
  • 「言語によって動的に構成される世界」(『ブックガイド<心の科学>を読む』、岩波書店、2005)

受賞

--------------------