東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

河崎 啓剛 / KAWASAKI Keigo (准教授)

専門分野

    朝鮮語学、朝鮮語史、主に15、16世紀の中期朝鮮語文法論。当面の大きな研究テーマは、中期朝鮮語の「気づき」(mirativity, -dos/wos-)と「特定性」(specificity, -wo-)の体系の全容とその通時的変遷を明らかにすること、そして中期朝鮮語のアクセント体系の理論的解釈と、アクセントを条件とする通時的音韻変化の諸問題についての体系的記述を試みることである。 漢文原文との並列コーパスや傍点(高低記号)付きコーパスの構築等、より効率的な研究環境を整備する事にも力を入れている。

業績

著書

  • 『中世韓国語感動法とは何か』(朝鮮語)(新丘学院新丘文化社[韓国]、2017年)
  • 『韓国書誌学の先鞭:前間恭作の作業を中心に』(朝鮮語)(韓在永・李賢煕・河崎啓剛共著、ソウル大学出版文化院[韓国]、2015年)

論文

  • 「奎章閣韓国学研究院所蔵『校訂交隣須知原稿』について ― 明治三十七年(1904)本前間恭作ㆍ藤波義貫共訂 『校訂交隣須知』の原稿」(朝鮮語)(李賢煕・河崎啓剛共著、『書誌学報』第37号、韓国書誌学会[韓国]、2011年)
  • 「“語基説”と中世韓国語の動詞活用」(朝鮮語)(『形態論』13巻2号、形態論集談会[韓国]、2011年)
  • 「‘얻다’[結婚, 交合]と ‘얼운’[成人]について」(朝鮮語)(『国語学論集』第7集、ソウル大学国語国文学科[韓国]、2011年)
  • 「均如郷歌解読のための漢文資料の体系的対照と巨視的アプローチ」(朝鮮語)(『口訣研究』 第29輯、口訣学会[韓国]、2012年)
  • 「『月印釈譜』巻20毀損部分の復元と利用」(朝鮮語)(河崎啓剛・杉山豊・정혜린共著、『国語学』 第67輯、国語学会[韓国]、2013年)
  • 「所謂感動法の‘-ㅅ-’について」(朝鮮語)(『国語史研究』第19号、国語史学会[韓国]、2014年)
  • 「15世紀韓国語の属格‘-ㅅ’の異表記の分布」(朝鮮語)(『震檀学報』 第123号、震檀学会[韓国]、2015年)
  • 「周時経の『大韓国語文法』の異本とその成立過程」(朝鮮語)(李賢煕・河崎啓剛共著、『奎章閣』 46、ソウル大学奎章閣韓国学研究院[韓国]、2015年)
  • 「中期朝鮮語「하다」「만ᄒᆞ다」の意味的関係」( 『朝鮮語研究7』、ひつじ書房、2017年)
  • 「中期朝鮮語連体形「‐오‐」の「特定化用法」について」( 『朝鮮学報』 244輯、朝鮮学会、2017年)
  • "A suggestion for inputting and encoding Tangut characters: Report on the development of the “Tangut Cangjie Input Method”"(SCRIPTA 9、The Hunmin jeongeum Society[韓国]、2017年)
  • 「中期朝鮮語連体形「-오-」の「特定化用法」について(Ⅱ) ― 「非特定連体節」の様々な用法 ―」(『韓国語学年報』 第14号、神田外語大学韓国語学会、2018年)
  • 「中期朝鮮語の幾つかの副詞対の意味的対立 ― 接尾辞の意味の違いを求めて ―」( 『朝鮮学報』 第249·250輯、朝鮮学会、2019年)
  • 「中世韓国語‘Xᄃᆞᆮ다’の多義性と意味拡張」(朝鮮語)分担執筆(林枝龍ほか共著、『認知言語学探求の現況と課題』、韓国文化社[韓国]、2019年)

その他の業績

  • (書評)「小倉進平(1938) 『朝鮮語に於ける謙譲法・尊敬法の助動詞』―東洋文庫論叢 26, 東洋文庫―」(朝鮮語)(『国語学論集』第7集、ソウル大学国語国文学科[韓国]、2011年)
  • (翻訳転載)「〔特別寄稿〕中期朝鮮語連体形「‐오‐」の「特定化用法」について」(朝鮮語)(『形態論』21巻2号、形態論集談会[韓国]、2019年)
  • (翻訳転載)「〔特別寄稿〕中期朝鮮語連体形「-오-」の「特定化用法」について(Ⅱ) ― 「非特定連体節」の様々な用法 ―」(朝鮮語)(『形態論』22巻1号、形態論集談会[韓国]、2020年)
  • 受賞

    • 2016年 12月 国語学会[韓国]一石国語学研究奨励賞
    • 2017年 6月 一石学術財団[韓国] 一石国語学学位論文賞