東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

テクスト文化論基礎 (都市/物語のかたち  )

  • 科目コード: 08C1602
  • 開講学期: S1S2
  • 曜限: 火曜2限 Tue 2nd
  • 教室: 駒場8号館 8-321
  • 単位数: 2
  • 担当教員: 大石 和欣

授業の目標・概要

都市は時の経過にしたがってかたちを変える、と言ってしまえば陳腐な理のように聞こえますが、都市は語りにしたがってかたちを変える、と文学的に言い直してみると謎めいてきます。歴史的時間のなかで都市が盛衰を繰り返すように、文学作品に描かれた都市は語りの展開とともに新たな姿を現し、ときに表情を変え、変貌していきます。そのかたちはどのようにして捉えたらいいのでしょうか。
この授業では都市のかたちを、物語という虚構のなかで捉えて考えていきます。毎回、都市の文学的表象の事例を東西の文学作品からとりあげ、虚構の中で語られた都市のかたちを言語構築物として解きほぐしていきます。
記憶のなかに埋没してしまった都市、時代に取り残された都市、祝祭的時間を永遠に湛えた都市、常に新たな記号と意味を生成し続けるパリンプセストのような都市、群衆が行き交い、混沌を深める都市、スラム化し、犯罪を増殖させ、闇を深めていく都市。それぞれの都市を語り紡ぐとき、そこには非現実の空間が構成されていきます。それをどのように味わい、解釈したらいいのでしょうか。
フィクションであれ、あるいは歴史的記述であれ、言説によって描かれる都市は過去や現在に固定されているわけではなく、語りが紡ぎ出す言葉と筋によって構築されていきます。それは主体の心の中に埋没し、いつの間にか変形してしまった記憶の都市なのかもしれませんし、あるいは時間とともに神話化してしまった集合的記憶に閉じ込められた共同体かもしれません。記憶も都市も固形物ではなく、可塑的な生命体であり、それはそれを見つめる主体の主観に呼吸をし、その語りと言語によって彫塑されていきます。生命体としての都市のかたちと語りの言葉は、交渉と分裂を繰り返しながら虚構内に新たな時空間を構築していきます。
時空の感覚があいまいになり、主体と客体の区別さえ溶解していくトポス。淀んだ川の淵のようでいて、その底でゆっくりと流れ続ける意識に沈んだ都市。それを言説化する行為は、語りとしてどのような問題を提起することになるのでしょうか。それらをいくつかの短めの小説を読みながら考えてみたいと思います。

授業のキーワード

  • 物語、文学理論、都市
  • narrative
  • urban space
  • literary theory

授業計画

毎回、異なる作品を読みながら精読と解釈を試みます。イタロ
・カルヴィーノ『見えない都市』、夏目漱石『我輩は猫である』、永井荷風『墨東奇譚』、第5回 シャルル・ボードレール『悪の華』と『パリの憂鬱』(抜粋配布)、アーサー・コナン・ドイル『四つの署名』、江戸川乱歩 「目羅博士の不思議な犯罪」、F・スコット・ジェラルド『グレート・ギャッツビー』、W. G. ゼーバルト「マックス・アウラッハ」(『移民たち』抜粋配布)、ヘンリー・ジェイムズ『デイジー・ミラー』、G. ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』などを考えていますが、学期初めにかだ図書リストを示します。

授業の方法

毎回の授業は、各回、都市空間をテーマにした短編・小説一篇を軸に進めていきます。 履修者は毎回課題の作品を読み、考えたことについて600字ほどの短いコメントを前日正午までに提出します。それをもとに授業ではまず全員でディスカッションを20分ほど行い、その後適宜質疑応答を交えながら教員の講義形式で授業を進めます。
課題作品については前日正午までにeメールにてご提出ください。授業までに整理をしてディスカッションの素材として提供します。 教員からも重要なテーマや補足資料なども提供しますので、自分なりに考察を深めていただきたいと思います。
学期全体の授業の構成、具体的な進め方、また取り扱う文献の詳細については、最初の授業の時に提示します。

成績評価方法

出席態度40%、毎回のコメント40%(欠席もしくはコメント未提出は5点減点)、最終レポート20%

教科書

とくになし

参考書

毎回の授業において指示します。

履修上の注意

毎回の課題図書の読解とコメントは必須です。