東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

言語文化横断論演習[学際言語科学コース] (近代朝鮮における言語の社会史・政治史)

  • 科目コード: 08C1524
  • 開講学期: A1A2
  • 曜限: 火曜3限 Tue 3rd
  • 教室: 駒場12号館 1233教室
  • 単位数: 2
  • 担当教員: 三ツ井 崇

授業の目標・概要

近代朝鮮の社会や文化を言語をキーワードとして考える。 言うまでもなく、言語はそれ単独で存在するのではなく、それを使う人間が織りなす社会の機能と結びついている。そして、政治の領域に絡むこともしばしばである。そのような社会史・政治史の文脈で近代朝鮮の「言語問題」を取り上げ、その時代の歴史的性格について考えてみたい。また、現代の「言語問題」の性格についても考える手がかりを得たい。

授業のキーワード

  • 韓国
  • 朝鮮
  • 近代性
  • メディア
  • 運動

授業計画

概ね以下のようなテーマを扱う予定である(順不同)。 1.イントロダクション、朝鮮近代史概観 2~3.近代社会への変容と「言語問題」の発生 4~5.植民地期朝鮮における朝鮮語と日本語 6~8.政策、運動、アイデンティティ 9~10.近代朝鮮社会の実態と言語 11.現代への連続 12.補論 13.まとめ

授業の方法

講義形式を主とするが、部分的に演習形式を用い、受講者の積極的な参加を求める。

成績評価方法

平常点(出席・授業への参加度)と学期末レポートによる。

教科書

武田幸男編『朝鮮史(世界各国史1)』山川出版社、2000年 三ツ井崇『朝鮮植民地支配と言語』明石書店、2010年 吉田光男『韓国朝鮮の歴史』財団法人放送大学教育振興会、2015年 その他、授業中に指示する。

参考書

武田幸男編『朝鮮史(世界各国史1)』山川出版社、2000年 三ツ井崇『朝鮮植民地支配と言語』明石書店、2010年 吉田光男『韓国朝鮮の歴史』財団法人放送大学教育振興会、2015年 その他、授業中に指示する。

履修上の注意

授業の内容の理解のために、韓国朝鮮史関連の授業をあらかじめ履修しておくか、朝鮮史の概説書を読むなどして、朝鮮近代史の流れを把握しておくこと。