東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

個別言語特殊演習(1) (文法関係と節構造)

  • 科目コード: 08C151201
  • 開講学期: A1A2
  • 曜限: 金曜1限 Fri 1st
  • 教室: 駒場10号館 10-101
  • 単位数: 2
  • 担当教員: 坪井 栄治郎

授業の目標・概要

この授業では、主語や目的語といった文法関係やその標示様式、およびそれによって規定される各種の態概念などのような、節構造の基本に関わる文法概念について、理論中立的に知っておく必要のある言語事実及びそれに対する基本的なアプローチへの導入を行う。

授業のキーワード

  • 文法関係
  • 他動性
  • 格標識
  • Cambridge University Press

授業計画

基本的に下記教科書の指定部分をその章立てに沿った形で行うが、必要に応じて変更する部分もある。

授業の方法

履修者は教科書の指定箇所を分担してその内容について発表し、それに対して質問や補足説明を行う形になる。演習と講義の中間的な形になることが多い予定。

成績評価方法

・担当の際の発表の内容と授業への貢献度 ・最終授業時に実施する、基本的事項の理解を確認する試験 ・授業終了後、指定する期限までに提出する1000語程度の英文レポート 以上3点を合わせて総合的に評価する。

教科書

履修者は教科書の指定箇所を分担してその内容について発表し、それに対して質問や補足説明を行う形になる。演習と講義の中間的な形になることが多い予定。

参考書

・Van Valin Robert D., Jr., and LaPolla, Randy J. 1997. Syntax. Cambridge University Press.
・Croft, William. 2003. Typology and Universals, 2nd ed. Cambridge University Press.
・Patrick Farrell. 2005. Grammatical Relations. Oxford University Press.

履修上の注意

初回授業時により詳しく内容を説明するガイダンスを行うので、履修希望者は初回のガイダンスに参加すること。