東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

言語情報科学特別講義I (ドイツ・ロマン主義の諸相とその批判的考察(2))

  • 科目コード(修士): 31M200-1515A
  • 科目コード(博士): 31D200-1515A
  • 開講学期: A1A2
  • 曜限: 月曜4限 Mon 4th
  • 教室: 駒場8号館 8-206
  • 単位数: 2
  • 担当教員: 伊坂 青司

授業の目標・概要

18世紀末から19世紀初期に形成されたドイツ・ロマン主義について、哲学・文学・宗教・芸術・社会などの各分野に広がった諸相を、神・芸術・国家といったテーマを設定して考察するとともに、ロマン主義の批判をいち早く行ったヘーゲルの議論の妥当性を検討することを課題とする。

授業のキーワード

  • スピノザ
  • 歴史
  • A・ミュラー
  • 自由
  • 国家

授業計画

1.はじめに-全体の概観
2.敬虔主義と感情
3.スピノザの汎神論
4.ヤコービの「信の哲学」
5.ヘーゲルの宗教構想
6.古典主義とロマン主義の芸術
7.シェリングの芸術哲学
8.C.D.フリードリヒの風景画
9.ヘーゲル美学における絵画論
10.国家=機械論と有機体論
11.A.ミュラーの家族=国家論
12.家族
・市民社会
・国家
13.ヘーゲルの国家構想と歴史哲学

授業の方法

ドイツ・ロマン主義の諸相をそれぞれのテーマについて概括的に講義をするとともに、それに関連するドイツ語の原典資料を解読し、ディスカッションを通して理解を深めることとする。

成績評価方法

課題レポート(50%)と授業への参加度(50%)による。

教科書

伊坂青司著『ヘーゲルとドイツ・ロマン主義』(御茶の水書房)

参考書

履修上の注意

Sセメスター(S1S2)とAセメスター(A1A2)は連続して履修することが望ましいが、どちらか1セメスターの履修も可。