東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

Language and Information Sciences, University of Tokyo

東京大学大学院総合文化研究科

言語情報科学専攻

〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

TEL: 03-5454-6376

FAX: 03-5454-4329

エリス 俊子 / Ellis, Toshiko (教授)

専門分野

日本近代詩をめぐる言語態研究。モダニズムという概念を問い直しつつ、日本の「近代」と詩の言葉のかかわりについて考えている。1920年代、30年代を中心に、ことばが詩になる現場を確認し、それを歴史的文脈においてとらえ直す作業を進めながら、多様な声の錯綜する日本近代詩の姿を検証していきたいと思う。

業績

著書

  • 『萩原朔太郎ー詩的イメージの構成』(沖積舎、1986)
  • 『創発的言語態』シリーズ言語態(2)藤井貞和と共編、「詩的近代の創発」(東京大学出版会、2001)

論文

  • 「日本モダニズムの再定義−1930年代世界文脈のなかで」(『モダニズム研究』、思潮社、1994)
  • 「伊東静雄の自然ー「わが人に与ふる哀歌」から「春の雪」まで」(『歌と詩の系譜』叢書比較文学比較文化第5巻、中央公論社、1994)
  • “Questioning Modernism and Postmodernism in Japanese Literature”(Japanese Encounters with Postmodernity, Kegan Paul International, 1995)
  • 「表象としての『亜細亜』―安西冬衛と北川冬彦の詩と植民地空間のモダニズム」(『越境する想像力』『モダニズムの越境』1、人文書院、2002)
  • “Struggling with the Contemporary: Japanese Literature after the Modern”, The Cambridge Companion to Japanese Culture, Yoshio Sugimoto(ed), (Cambridge University Press, 2009)
  • “Woman and the Body in Modern Japanese Poetry” (Lectora: Revista de Dones i Textualitat, Dossier, Mujeres en Asia Oriental, coord. Pau Pitarch Fernandez, Facultat de Filologia. Universitat de Barcelona, 2010)
  • 「畳まれる風景と滞る眼差しー『亞』を支える空白の力学について」(『言語文化研究』22巻4号、立命館大学、2011)

翻訳

  • Minoru Kawada, The Origins of Ethnography in Japan: The Life and Works of Yanagita Kunio (川田稔『柳田国男の思想史的研究』編訳, Kegan Paul International, 1993)

国際シンポジウム

  • “The Japanese Avant-garde of the 1920s: The Poetic Struggle with the Dilemma of the Modern”, (“Poetics of Avant-garde Poetries”, Tel Aviv University, 1997).
  • “Difference or Diversity?: ‘De-framing’ Cultures in a Globalising World”, (Islands in the Stream: Australia and Japan in the Age of Globalisation, Deakin University, 2003)
  • “Nationalism and Representation: Gender, Power and Stereotypes”, (Symposium: Negotiating Multiculturalism in Australian Media(於追手門大学, 2010)

その他の業績

--------------------

受賞

--------------------